新規会員登録1000ポイント+メルマガ登録でお得なクーポン

電子タバコやリキッドを検索

メーカーから選ぶ
商品名を入力

商品カテゴリー

コラム

フレーバータイプ別一覧

初めての方におすすめ

メンソール系

タバコ系

フルーツ系

ドリンク系

デザート系

フローラル系

ノンフレーバー系

爆炎系

取り扱いメーカー一覧

Apollo

NicQuid

Vaporfi

Ruthless

Wisconsin Dairy

Virgin Vapor

Black Note

BLVK

LIQUA

ドクターベイプとその他の電子タバコとの違いとは?

安全性や受動喫煙や禁煙について

皆さんは、電子タバコで注目されているドクターベイプを知っていますか?ドクターベイプは、新世代の電子タバコといわれている一方で、「フレーバーの味が薄い」「吸い応えが弱い」と、ネット評価も見られます。ここでは、ドクターベイプの特徴や他の電子タバコとの比較などをお届けします。

今なら会員登録で1000ポイントプレゼント

50%ポイントバック

そもそもドクターベイプのような電子タバコの需要が高まっているワケとは?

ドクターベイプの需要が高まっている

紙タバコというのは嗜好品であり、タバコ税や健康被害などの問題から紙巻タバコ離れをする方が増加している現代です。
しかし、喫煙者はすぐ禁煙できるものではなく、禁煙までの道のりは中々難しいものがあります。タバコ葉に含まれているニコチンは依存性が高いので、ニコチンが体内から無くなると、禁煙者というのはニコチンを欲するようになります。
また、喫煙の習慣は、口寂しさやリフレッシュをタバコに求めるため、禁煙することが中々難しく、少しでも健康被害やコスパを求めて電子タバコへ乗り換える方が急増しているのが実際です。

ドクターベイプのような電子タバコは、タールが含まれていないので「徐々に禁煙ができる」と、電子タバコの需要が高まるようになってきています。電子タバコは、基本的にリキッドを加熱して水蒸気を発生させ、その水蒸気を吸引します。この液体には、タールは含まれておらず、健康に影響を及ぼすことがありません。
しかも、リキッドのフレーバーは種類が豊富で、禁煙者も飽きることなくタバコ感覚を楽しめ、吸い応えや味を自分で調整できるなど、カスタム可能なところも魅力になって、需要は年々高まっています。

ドクターベイプとは?

ドクターベイプについて

ドクターベイプはカートリッジ式電子タバコ

ドクターベイプというのは、カートリッジ式電子タバコです。本体は、充電して繰り返し使用でき、カートリッジ交換のみの簡単な仕組です。これまで100万本の販売を突破しており、新世代の電子タバコというコンセプトで誕生した電子タバコとなっています。
ニコチン0、タール0、タバコの嫌な臭い0がモットーで、健康的でフレーバーも美味しく楽しめることを実現しています。コンパクトなサイズ感、軽量感、タバコを吸った時のような感覚を味わえ、吸い応えがあるのがドクターベイプの人気の秘訣となっています。

また、タバコとは違って健康被害や副流煙の影響も無く、コスパも高くカートリッジ1つで紙巻タバコ1.5箱分程度の吸引を楽しめます。さらに、本体デザインは、レディガガやDIESELのクリエイティブクリエイターであるニコラ・フォルミケッティが手掛けており、先鋭的でクールなデザインになっています。ドクターベイプは、味わい・デザイン・機能性などにおいて、新世代の電子タバコらしい新鮮さや、クオリティの高い電子タバコといわれています。

加熱式タバコとの違いですが、日本で流通している加熱式タバコというのは、IQOS、glo、プルームテックなどが挙げられます。どれも充電して使用するので、電子タバコと同じだと思っている方は多いです。
しかし、加熱式タバコはタバコ葉を使用している電子タバコなので、ニコチンやタールが含まれるタバコ製品になります。
特に、IQOSとgloはタバコ葉を高温加熱して煙を発生させますが、ドクターベイプはそもそもタバコ葉を使用しません。従って、タールが発生しないクリーンな煙を吸うことができ、タバコ葉由来のニオイもありません。
しかし、国内販売されている電子タバコ用リキッドには、ニコチン入りのものがないので、その点で物足りなさを感じて上手く禁煙できない喫煙者もいるのが現状です。

ドクターベイプの使い方

ドクターベイプは、カートリッジ式電子タバコなので使い方は簡単です。難しい設定や操作はなく、充電が完了したらそのまま吸引するだけです。吸い始めると先が点滅し、吸引口を吸えば自動的に電源が付くようになっています。
充電はUSBポートで行うので、仕事場や外出先のパソコンでも充電可能となっており、旅行や出張へも携帯しやすい仕様です。2.5時間でフル充電できるので、数十分で充電できるようになります。

また、リキッド入りのカートリッジ交換も簡単です。カートリッジ交換のポイントですが、徐々に煙や味が薄くなってくるので、直感的に気付くことができます。無くなったカートリッジは、本体から外して新たなカートリッジに交換するだけなので、特にメンテナンスも不要で、マウスピースをたまにウェットティッシュで拭く程度の手入れのみでOKです。
このように、簡単で手軽に使用でき携帯にも便利なので、ドクターベイプは電子タバコが初心者な方から上級者まで支持されている電子タバコの1つです。

ドクターベイプの味わいや吸い応え

ドクターベイプの味わいや吸い応え

ドクターベイプの人気理由の1つには、コンパクトなデバイス、且つ、吸い応えを感じられると言われています。
紙タバコやアイコスから電子タバコへ乗り換えた際、どうしてもタバコとしての物足りなさを感じるものです。ボックス型電子タバコのように、ドクターベイプは、味や煙の調整をすることはできないため、タバコとして不安に感じる方も多いようです。
実際に、ドクターベイプを吸ってみた方の中には、吸い応えに関して高い満足度があると評価している一方で、やはり満足のいく味わいや吸い応えではないと感じている方もいます。

本来、ドクターベイプは、設計時点においてタバコからの乗り換えアイテムとして考えられており、水蒸気量や喉へのキック感にはこだわって設計がされています。なので、紙タバコやアイコスから乗り換えても、違和感なく使用することができる仕様です。
本体からしっかり水蒸気が出て、煙に見立てて吸引することができますし、喉へのキック感もフレーバーごとに違いを楽しめます。
しかし、爆煙と呼いわれるような水蒸気量が多いタイプと比べると、やはり少ない水蒸気量になります。スティック型電子タバコの中では、ドクターベイプは上位に入る水蒸気量ですが、味わいや吸い応えに関しては賛否が分かれているのが実際です。

ドクターベイプのフレーバーの種類

ドクターベイプのフレーバーの種類

《6種類のフレーバーがある》
ドクターベイプのカートリッジには6種類あって、電子タバコ定番フレーバーをはじめ、メンソール、フルーツ系、バニラ系などがあります。リキッドタイプに比べるとバリエーションは劣りますが、幾つかのフレーバー展開があるので様々な味を楽しめます。気分によって、フレーバーを変えることも可能です。ネット口コミでは、味も薄過ぎずフレーバーの味が生かされていると評価もあり、ドクターベイプのフレーバーはどれも美味しいといわれています。では、6種類のフレーバーについて、詳しく見ていきましょう。

《ミントメンソール》
メンソールは、電子タバコの中で人気の高いフレーバーです。 ドクターベイプのメンソールフレーバーは、ミントメンソールで爽やかな清涼感とミント味を感じます。メンソールでも弱いメンソールもありますが、ミントメンソールは紙巻タバコのメンソール好きな方向けにおすすめされています。メンソールの物足りなさを感じずに吸い続けられ、スーッとした涼しさとミントのリーフ感があります。リフレッシュ感を得られるため、頭をスッキリさせたい時にもピッタリのようです。

《クラシックスモーク》
クラシックスモークは、スモーキーなタバコの味わいを再現したフレーバーです。タバコの味を求める方におすすめされています。ドクターベイプのフレーバーの中で、最もタバコに近いフレーバーで、紙タバコやアイコスから乗り換える方に人気です。タバコのスモーキーでほろ苦い味と、ほんのり後から来る甘さが再現された、まさにタバコの味わいです。また、喉へのキック感もタバコに近く、喫煙者の満足感を高めるフレーバーとなっています。本当の喫煙感覚に似せながら、タバコのヤニ臭さを一切感じずフレーバーを楽しめるようです。

《ワイルドビター》
ワイルドビターもタバコフレーバーです。しかし、クラシックスモークとはまた違った味わいで、よりコクと風味が深くなっており、葉巻を吸っている感覚を味わえます。 葉巻のような苦みと重量感のある吸い応えなので、深みと吸い応えをより求める方におすすめです。ドクターベイプは、味が薄いというイメージもありますが、ワイルドビターは味がしっかりあるタイプです。喫煙者でも濃い味が好きな方が満足できる風味なので、大人のフレーバーといえるでしょう。

《リラックスバニラ》
リラックスバニラは、濃厚なバニラの香りがある甘いフレーバーです。吸引時に、濃厚なバニラの味わいが広がり、香りもバニラに包まれます。少しハチミツのような甘さもあるので、女性人気も高いフレーバーとなっています。しかし、後味は比較的スッキリしているので、抵抗なく誰でも楽しめる味わいでしょう。変な癖もないので、スイーツフレーバーとして堪能できます。濃厚な香り高いバニラアイスを食べている味と香りで、リラックスもできるようです。

《ジューシーマスカット》
フルーツフレーバーの中で、人気のあるジューシーマスカットは、果汁たっぷりのマスカットを再現しています。フレッシュでジューシーなマスカットの甘さが広がり、採れたてのマスカットを食べている気分にさせてくれます。甘さが強いフレーバーになりますが、後味は口の中はスッキリとします。瑞々しさも感じられ、リピーターも多いです。フルーツフレーバーの甘ったるさもなく、スッキリしているので吸いやすいフレーバーのようです。

《ピュアアップル》
ピュアアップルもフルーツフレーバーの1つです。ジューシーマスカットより甘さ控えめでとなっており、切れある味わいが特徴です。アップルのピュアな味を再現し、アップルの甘い風味がふんわり広がります。フルーティーなアップルの味わいがあり、物足りなさもなく、クオリティの高さが引き立つフレーバーです。後味スッキリなので、何度でも飽きることなく楽しめるフレーバーです。また、吸い応えもあるタイプなので、フルーツフレーバーで吸い応えを求める方にはおすすめされています。

《ドクターベイプにニコチン入りのフレーバーはない》
カートリッジ式は、手軽で簡単に使いこなせる電子タバコです。基本的に、ドクターベイプのカートリッジリキッドには、ニコチンは含まれていません。なので、紙タバコやアイコスを吸っていた方には、物足りなさがあるでしょう。

ドクターベイプには、ニコチン入りリキッドはありません。なので、他で展開されているカートリッジ式電子タバコで、ニコチンソルト仕様のリキッドを購入することもできます。
ニコチンソルトというのは、ニコチン本来の成分に近い物質なので、紙タバコに近い満足感を得られます。滑らかな喉ごしで、喉がイガイガすることもありません。
そのため、非常に注目されている成分なのです。ニコチンを電子タバコでも得たい方にはピッタリで、カートリッジ交換だけで簡単に吸引ができます。
また、どちらもフレーバー展開が豊富なので、自分好みのフレーバーを楽しめます。

しかし、ニコチン入りのフレーバーはないので、突然、ニコチン無しの電子タバコ生活は禁煙には厳しい側面もあり、やはり紙タバコに戻ってしまうケースも少なくありません。

ドクターベイプよりも禁煙にはニコチン入りリキッドと電子タバコが効果的?

ドクターベイプよりニコチン入りリキッドと電子タバコ

タバコの有害物質はタール

紙タバコが健康被害を与える理由には、紙巻きタバコの原料であるタバコ葉が原因です。タバコ葉には、ヤニといわれるタール成分が含有されており、このタールというのは植物由来樹脂になります。
植物由来でも体へ害が無いというワケではなく、タールは4000種類以上の化合物が含有されており、その化合物の中の半数が有害物質です。
その中には、発ガン性成分もあることから、タバコの喫煙はガンの原因になるのです。紙タバコのヤニは、歯を黄色くしたり、壁を黄ばませたり、そのような印象を持っている方は多いはずです。
タールというのは、茶色く粘着性成分になり、歯や壁を着色して簡単に落ちることはありません。そして、紙タバコを燃やすと、中で巻かれているタバコ葉が燃焼して、熱分解で発生する煙を吸引すると、体内へタールは吸引されていきます。
肺に入ったタールは、粘着性を持って長期の間、喫煙者の肺に溜まり続けて肺を真っ黒にします。肺にこびり付いたタールは簡単に取れないのですが、禁煙することで少しずつ綺麗になるといわれています。

また、喫煙者本人は気付きませんが、非喫煙者からするとタール独特のニオイが口臭になっています。喫煙者の口が臭い原因はタールであり、知らない内に周りの人を不快にしている可能性もあります。
口臭はもちろん、タールは煙となって服や髪にも付着します。自分だけではなく、副流煙となって非喫煙者へもニオイを付着させるので、紙タバコのニオイのトラブルは後を絶ちませんよね。ニコチン入りリキッド充填式の電子タバコには、タバコ葉に含まれるタールが含有されていないので、健康被害が少なく周囲にも迷惑をかけずに、タバコとして利用できる良さがあるのです。

電子タバコデビューセット

タールの健康被害

タールというのは、単一の物質ではなくタバコの煙の内、一酸化炭素やガス状成分を除いた粒子状成分で、タバコを吸った際にフィルターや歯を茶色に染めるヤニです。
このタールには、有害物質や発がん性物質が数多く含まれており、タールに含有される発がん性物質の代表的なものには、ベンツピレン・アミン類・NNKなどが挙げられます。他にも、がんを引き起こす可能性のある物質が60種類以上も含まれています。

タバコ1本に含有されるタール量は微量ですが、喫煙継続によってタールは肺に蓄積されていきます。含有されるタール量によりますが、たとえば1日20本のタバコを吸う喫煙者は、年間コップ半杯のタールを肺に溜めていることになります。1年でコップ半杯ということは、50年でコップ25杯であり、そう考えると大きな健康被害です。

現在は、肺がんの約90%はタバコが原因といわれており、その原因にタールが挙げられます。加熱式タバコとは、火とは別の方法で加熱してニコチン吸収できる新たなタバコです。人体に有害なタール発生が比較的少ないこともメリットです。タールが発生しやすい温度は500℃付近であり、加熱式タバコではそこまで温度上昇がないのでタール発生量も少なく、健康被害の軽減にも貢献しています。

ニコチン入りリキッドにタールは含まれていない

ニコチン入りリキッドにタールは含まれていない

紙タバコの副流煙にも害があるので、紙巻きタバコから電子タバコへと移行する方は年々増加しています。そして、電子タバコへ乗り換えた方の多くは、紙巻きタバコより健康被害が少ないとメリットを感じているからです。

紙タバコに比べて、電子タバコは副流煙で周囲の方に迷惑をかけることは無く、健康被害も抑えることができます。紙タバコのようにタールが含有されていないだけでも、大きな禁煙の一歩となっています。
健康被害の根本原因は完全に取り除けてはいませんが、急な禁煙ではなく穏やかに禁煙していくことができる電子タバコは、喫煙者にとって無理なく禁煙を始められるきっかけとなっています。

また、紙タバコはタバコ葉を燃やして煙を発生させますが、電子タバコはタバコ葉を使用せず、リキッドを蒸気に変えて吸引するため、紙タバコよりも有害物質の発生軽減に繋がっています。
完全に有害物質であるタールを含まないので、喫煙による健康被害を軽減させたい場合、電子タバコは最も健康被害を軽減できるといえます。タールが発生しないので、ニオイや着色の問題も心配する必要がありません。
自宅の壁が黄色くなったり、自分の歯が黄ばんだり、口臭などの周囲への影響を改善できたり、メリットが色々あります。

ドクターベイプよりニコチン入りリキッドの満足感の高い喫煙感覚で禁煙が期待できる!

ドクターベイプより満足感の高い喫煙感覚

禁煙時に最も悩まされるのは、ニコチンの離脱症状です。しかし、電子タバコにはこれを抑える化学物質は含有されておらず、医学的な禁煙効果というのは実証されていません。
ですが、喫煙者にとって喫煙習慣でのタバコを吸いたい欲求や、口寂しさの解消のために、電子タバコは有効的に活用する方は多いです。
電子タバコ単体や禁煙補助薬など、電子タバコの併用で禁煙に挑戦して、禁煙や減煙に成功した方は現代では少なくありません。なので、本気で禁煙を考えている方にとっては、電子タバコの使用は有効な選択肢の一つになっているのです。

禁煙目的で電子タバコを吸っても、ニコチンが入っていない場合、喉への刺激が物足りないと感じるケースが多いので、ニコチン入りリキッドを利用すると喉への刺激が得られ、徐々に禁煙に繋げていくことができます。
中でも、メンソール系ニコチン入りリキッドはおすすめです。特に、元々メンソール系の喫煙者であれば違和感が少ないと人気があります。

禁煙補助が約2倍

電子タバコは、ニコチンパッチやニコチンガムなど、従来のニコチン代替品と比べて、禁煙補助が約2倍の効果があるといわれています。
これは2018年に医学誌上の論文で報告されており、紙タバコを1年間禁煙できた方の割合が、ニコチン代替品使用者は約10%、電子タバコ使用者は約20%という結果が出たからです。この研究では、ニコチン吸引ができる電子タバコを使用した場合の研究結果で、禁煙効果の大きさを物語っています。
別のニコチン含有製品に移行しただけという指摘もありますが、現に、健康被害の軽減に繫がっていますし、受動喫煙の恐れがある紙タバコからの脱却方法として、電子タバコは禁煙補助アイテムとして大きく評価されるアイテムといえるでしょう。

電子タバコの禁煙成功のワケ

まず挙げられるのは、ヘビースモーカーを唸らせるほどの満足度です。長年に渡り、紙タバコを吸い続けてきた喫煙者にとって、電子タバコは有効的な禁煙アイテムであるといえます。
禁煙を初めた当初は、電子タバコでニコチン入りリキッドを利用しながら、徐々にニコチン無しのリキッドに移っていった方もいます。

また、初めは紙タバコとの併用から次第に喫煙するのは電子タバコだけになり、遂には、電子タバコすらも卒業した方など、様々な禁煙成功事例があります。この成功の秘訣は、何といっても電子タバコの喫煙満足度にあり、ニコチン入りリキッドでも十分な満足感を得られることです。
ヘビースモーカーが紙たばこの代用として吸い続けられる完成度、これはニコチン入りリキッドが禁煙補助として機能しており、重宝される秘密が隠れている証拠でもあります。

また、いつでもどこでも吸うことができる点も良い部分です。電子タバコは、紙タバコに比べて自由に喫煙可能です。実は、この利便性は禁煙に良い影響を与えています。
現在は、受動喫煙防止条例により、各店舗の全面禁煙化などが進み、喫煙者への締め付けは強くなる一方です。この規制の中、自由に喫煙することができないことは、スモーカーにとっては大きなストレスとなってしまいます。ましてや、急なノンニコチン、ノンタールの電子タバコでは、余計にストレスがかかる場合もあります。
しかし、ニコチン入りリキッドを使用して禁煙をスタートできれば、タバコの嫌な臭いも少なく、また、喫煙できる場面は加熱式タバコよりも豊富です。そして、いつでもタバコを楽しめる点は、喫煙の代替品としても非常に優秀といえます。

リキッド式電子タバコはコスパが良い!

リキッド式電子タバコ

リキッド式電子タバコ

リキッド式電子タバコというのは、電子タバコのタンクにリキッド充填をしながら使用するタイプです。リキッド式本体の中には、コイル温度や煙量の調節機能搭載の高性能な製品もあり、自分の好みに合わせて使用できます。
また、リキッドを気化させる加熱ユニットのアトマイザーは、定期的に分解して中を洗浄する程度で手入れも簡単です。なので、長期に渡って愛用することができます。リキッド式は、電子タバコに対応しているリキッドの種類が豊富なので、多くのフレーバーから好みのフレーバーを選ぶことができます。
なので、お気に入りのリキッドも見つけやすいです。本体の種類に関しても、初心者から上級者まで豊富なラインナップが揃っており、特に、上級者の場合は本体をカスタムしたり、リキッドを調合したりと、好きにカスタマイズを楽しめます。
もちろん、初心者でも安心して使用できるお手軽なスターターキットなどもあります。

また、リキッド式電子タバコの吸い方にもよりますが、電子タバコのランニングコストは紙タバコの喫煙量に換算すると少ないのがメリットです。
なので、電子タバコを禁煙のために使用すると、節約にも繫がっていきます。電子タバコのリキッドは30mlが1本約2000円前後で、これは紙タバコ15箱分程度で、本数にすると約300本分相当です。15箱2000円として計算した場合、1箱あたり約130円で吸えることになります。

1日1箱として、1カ月30箱を喫煙していた方であれば、紙タバコで約15000円かかってくる計算になりますが、リキッド式電子タバコに切り替えれば僅か4000円程度に収まります。初期投資やアトマイザーの交換費用などを考慮しても、リキッド式電子タバコの方が大幅なコストダウンに繫がり経済的です。

禁煙に最適なリキッドの選び方

禁煙に最適なリキッド

《ニコチン有無》
電子タバコのリキッドには、ニコチン入りと、無しのタイプがあります。ニコチンの有無で、電子タバコを吸った時の感覚は大きく違うので、ニコチンの有無で決めるのも一つです。

ニコチン入りのリキッドは、吸った際に強いキック感があり吸い応えがあります。普段、喫煙者である方にとっては、ニコチン無しのリキッドを吸っても物足りなさを感じる方は多いです。なので、強いキック感が欲しい方は、ニコチン入りのリキッドをおすすめします。徐々に禁煙していく方も、初めはニコチン入りリキッドで徐々に慣らしていく方が禁煙成功率は高いです。

《ニコチン濃度》
ニコチン入りリキッドに決めた方でも、ニコチン濃度は見ておくのがポイントです。普通のタバコ同様、リキッドにも濃度があります。
なので、自分に合った濃度を選んで、電子タバコを楽しみましょう。また、リキッドに慣れていない方であれば、初めは薄い濃度のリキッドから始めるのがおすすめです。
初めからあまりに濃度が濃いと、逆にむせてしまったり、気分が悪くなってしまったりします。なので、薄いタイプから始めて、徐々に濃くしていくのもよいでしょう。ニコチン濃度が濃くなればキック感も強くなり、吸った時にガツンと来る味わいを感じます。

デビューセット

《PGとVGの比率》
電子タバコのリキッドには、PGとVGというベースの差があり、これらの配分量が吸った時の感覚を左右します。なので、それぞれベースの特徴を理解した上で、自分好みのリキッドに近づけるのがポイントです。

電子タバコで香りを強く感じたい方には、PGが多いタイプがおすすめです。食品添加物としても色々と扱われているPGですが、サラサラとした液体が特徴で扱いやすいです。
混ざりやすい成分で、香料と混ぜ合わせた時には良く混ざり、香料の香りを邪魔しません。

また、ガツンと来るキック感があります。また、リキッド香料に甘い香りをプラスする場合は、VGが多いタイプがおすすめです。
高粘度で混ざりにくいVGは、煙量が多く甘い香りが特徴です。VGがほんのり甘い香りなので、それを上手く使って元の香料に甘いミルキーな香りを付けることができます。

《好みのフレーバータイプ》
ドクターベイプのフレーバータイプ

電子タバコのリキッドフレーバーは、自分に合った系統のフレーバータイプを選ぶのがポイントです。
今まで喫煙者だった方には、タバコ系フレーバーがおすすめです。タバコ系フレーバーの特徴は、とにかくスモーキーなところです。最も電子タバコのリキッドフレーバーの中で、タバコとしての感覚があるので、紙タバコから移行したての方でも自然に扱うことができます。逆に、甘さや清涼感はないので、今までタバコを吸ったことがない方には不向きです。

スッキリとした味わいが欲しい方には、メンソール系フレーバーがおすすめです。
メンソール系フレーバーの特徴は、爽快感が強くあってスーッとした感覚が喉に届きます。ミントの爽快感が強く出て、吸った際にスッキリします。目の覚めるような感覚を味わいたい方におすすめです。

万人におすすめなのは、ドリンク系フレーバーです。ドリンク系フレーバーの特徴は、甘さと清涼感のバランスが良く配合されています。代表的なフレーバーは、カクテルや清涼飲料タイプで、初めてリキッド式電子タバコを吸う方には馴染みやすいフレーバーです。ドリンク系は、幅が広く選択肢も沢山あります。

爽やかさと甘みのバランスが欲しい方は、フルーツ系フレーバーがおすすめです。アップルやマスカットなど爽やかな味わいと甘みを楽しめます。また、グレープフルーツの様に酸味の中に少し苦みがあると、甘みとほのかな苦みを同時に楽しむことができます。

甘さを追求する方は、スイーツ系フレーバーでしょう。甘さに特化したフレーバーなので、バニラやチョコレートなどのフレーバーがあります。甘みを追求しながらコクのある味わいを楽しめるので、甘党の方にはおすすめです。

《生産国》
ドクターベイプの生産国

電子タバコのリキッドには、国内産と海外産があります。二つの大きな違いは、ニコチンが入っているか否かです。

海外産のものはニコチン入りリキッドが主流である一方、日本ではニコチン入りリキッドの販売が禁止されているので、国内産のものにはニコチンが含まれていません。なので、ニコチン入りリキッドを購入する場合には、当サイトのような個人輸入代行を通して海外から取り寄せることができます。
海外から購入するとなると言葉の壁や輸送中の破損や紛失といったトラブルが気になるところですが、個人輸入代行であれば日本語で注文や問い合わせに応じてくれるだけでなく、商品が手に届くまでしっかりサポートしてくれるので安心です。
国内ではニコチン入りリキッドの基本的な販売は禁止されていますが、成人済みであれば購入・所持・使用などは禁止されていないので、安心してニコチン入りリキッドを電子タバコで楽しむことができます。

ドクターベイプのような電子タバコで禁煙を成功させるコツとは?

ドクターベイプで禁煙を成功させるコツ

自分の好きなフレーバーを選ぶ

電子タバコで禁煙を成功させるには、自分が飽きずに楽しめることがポイントです。そこで大事なのは、自分好みのフレーバーを見つけることです。
自ら進んで電子タバコを吸いたいと思うようになれば、禁煙への成功に大きく近づくことができますよね。
逆に、自分の好みでないフレーバーを選んで吸っていると、電子タバコの継続使用が続かずに禁煙失敗となってしまう原因になります。

電子タバコのリキッドの種類は非常に豊富なので、自分で好みのリキッドを組み合わせることも可能です。好みが変わったら別のリキッドを試す、自分好みにブレンドするなど、フレーバーを探求しているうちにいつの間にか禁煙に成功していく方は沢山います。

禁煙より減煙を目指す

自分好みのリキッドが見つかって、段々、電子タバコに親しんできても、いきなり禁煙を目指すことはせず、ニコチン入りリキッドを併用しながら始めるのがおすすめです。
今まで紙タバコを吸っていた環境を、急に、電子タバコに切り替えるのは喫煙者にはとても辛いです。しかし、リキッド式であれば、無理なく喫煙本数を徐々に減らしていくことができます。

喫煙習慣や口寂しさを我慢することもなく、他の禁煙方法より生活スタイルをあまり変えることなく済むことも、リキッド式電子タバコ併用による減煙メリットです。
個人差はありますが、完全な禁煙を達成するには、喫煙したい欲求に打ち勝つ強い意志が必要だと思われます。。 リキッド式電子タバコの併用から、少しずつ減煙から始めていくことができれば、気分的にも楽に禁煙に向けて取り組むことができるので、禁煙に一歩ずつ前進していくことができると思います。

禁煙を上手く継続してくためには?

ドクターベイプで禁煙を継続

禁煙する際に、「今日から禁煙しよう!」と強い気持ちで始めても、途中で挫折してしまった経験のある喫煙者の方は多いのではないでしょうか?
禁煙失敗の最大の原因は、ニコチンの禁断症状です。大体、禁断症状は一週間程度で楽になっていくのですが、そこに至るまでに喫煙してしまう喫煙者は多いです。
いきなり禁煙にすると、ストレスが溜まって逆に喫煙したい気持ちが大きく出てしまうので、思い切って禁煙に対する考え方を変えることも大切です。先ずは、タバコの本数を減らすことから始めるのがおすすめです。

その代替えに、リキッド式電子タバコは大いに貢献します。リキッド式は、ニコチン入り、無しのフレーバーが豊富に揃っています。ニコチン入りリキッドにはタールが一切含まれておらず、体への健康被害も軽減しながら禁煙を始めていくことができます。
吸い応えもあるので、徐々に電子タバコに慣らして禁煙していく過程を踏んでいけるのは、喫煙者にとっては有り難くストレスも溜まりにくいです。
もちろん、完全に禁煙できれば一番良いですが、禁煙に挫折しては意味がありません。ニコチン入りリキッドを上手く活用しながら、まずは減煙から挑戦し、電子タバコへ切り替えていくのがベターではないでしょうか。

まとめ

ドクターベイプの特徴や他の電子タバコとの比較などをお届けしてきましたが、いかがでしたか?
電子タバコというのは、蒸気でニコチンを吸い込むことができ、紙タバコを吸っている方にとって、今までと同じレベルの有害物質を吸い込むことはありません。
ドクターベイプはノンニコチン・ノンタールですが、これから禁煙・減煙を始める、電子タバコへ切り替えて行く方は、ニコチン入りリキッドを使用しながら、無理なく禁煙・減煙をしていく方が禁煙への近道になるではないでしょうか。。

今なら会員登録で1000ポイントプレゼント

50%ポイントバック

 

 

この記事を書いた人
icon
Healthy Support USA

電子タバコ(VAPE)・ニコチン入りリキッド専門の個人輸入代行サイトです。私たちが直接訪問したMade in USAの信頼できるメーカーのみを扱っています。これからも安全・安心なリキッドをご紹介していきます。

電子タバコデビューセット