新規会員登録1000ポイント+メルマガ登録でお得なクーポン

電子タバコやリキッドを検索

メーカーから選ぶ
商品名を入力

商品カテゴリー

コラム

フレーバータイプ別一覧

初めての方におすすめ

メンソール系

タバコ系

フルーツ系

ドリンク系

デザート系

フローラル系

ノンフレーバー系

爆炎系

取り扱いメーカー一覧

Apollo

NicQuid

Vaporfi

Ruthless

Wisconsin Dairy

Virgin Vapor

Black Note

BLVK

LIQUA

加熱式タバコと電子タバコどちらが安全で経済的?

電子タバコ関連について

そもそも電子タバコと加熱式タバコの違いは何???
日本では電子タバコと加熱式タバコが同じだと思われてる?
どちらがコスパが良いの?

電子タバコと言うのは、喫煙者の禁煙アイテムとして、現代では電子タバコは多くの喫煙者から選ばれています。その理由には、電子タバコに切り替えることのメリットや、使用するにあたっての手軽さなどが挙げられるからです。ここでは、電子タバコと加熱式タバコの基礎知識と共に、電子タバコの良さについてお届けします。

今なら会員登録で1000ポイントプレゼント

50%ポイントバック

 

喫煙者が注目している電子タバコとは?

基本的な電子タバコの特徴について

基本的な電子タバコの特徴について

電子タバコと言うのは、フレーバー付きリキッドが使用されているので、紙巻きタバコや加熱式タバコとは違い、タバコ葉が不使用でリキッドを蒸発させて吸うタバコです。電熱線でリキッドを気化させて、その水蒸気を吸い込むようにしてタバコを楽しみます。

電子タバコのリキッドは、食品添加物などに使用される成分になっており、安全性が高いことが挙げられます。また、色々なタイプのフレーバーがリキッドにはあるので、例えば、タバコ風味、メンソール、フルーツ系と言うように、人それぞれで好みのフレーバーを試して楽しめます。

このように、色々なフレーバーと味を楽しめることが、電子タバコならでは大きな魅力です。また、フレーバーはもちろんですが、機器によっては煙量調整も可能で、幅広くカスタマイズしてタバコを楽しむことができ、自分好みに変えていけます。

基本的に、電子タバコはタバコ葉を使用していません。その為、タバコ葉に含まれる有害物質と言われている、タールや一酸化炭素などを吸引することはありません。

日本ではニコチン無しのリキッドのみ販売が認可されていますが、ニコチン入りのリキッドは販売禁止のため個人輸入での購入することのみ法律で許されています。
なので、日本で販売されている電子タバコのリキッドに関しては、ニコチン無しとなっています。

現在では、電子タバコもオシャレなタイプが続々とラインナップされており、日本では若者を中心に電子タバコは大きく普及しています。
電子タバコの人気の要因は、色々なフレーバーを楽しめる点が大きな魅力で、その日の気分でフレーバーを変えられるのは、電子タバコならではの良さです。
その他、火が不要であり吸い殻処理も要らないことも、電子タバコの特徴です。元々、紙巻きタバコを喫煙していた方が、これから禁煙を目指す為に電子タバコに移行することで、それが禁煙をサポートする力になっています。

主な電子タバコ(VAPE)の種類について

主な電子タバコ(VAPE)の種類について

主にVAPEはリキッド補充式電子タバコとして認知されていますが、その他にも禁煙サポートアイテムの側面が強い電子タバコには、後2種類のリキッド加熱式電子タバコがあります。
その一つに先ず、使い捨て式があります。使い捨て電子タバコと言うのは、その名前の通りリキッド補充・交換できない電子タバコです。
コスト的はやや高くなりますが補充・交換が無いために非常に楽であります。ですが、フレーバーの種類やデザインが乏しいので、電子タバコの良さを本当の意味で実感できるタイプではありません。あくまでも、電子タバコの体験程度と思っておきましょう。

もう一つは、カートリッジ式です。カートリッジ式電子タバコと言うのは、カートリッジ交換だけで電子タバコを使用できるので、使い勝手が便利な電子タバコとなっています。
ですが、使い捨て式の電子タバコと同様、フレーバーの種類やデザインが乏しいので、長期間電子タバコを使用することには向きません。あくまでも、一時的に電子タバコを使用する目的で使用するタイプと思っておきましょう。

そして、VAPEと一般的に認識されている電子タバコがリキッド補充式になります。電子タバコの中で一番使用者が多く人気が高いタイプです。
また、デザインやリキッドの種類もラインナップが豊富に揃っており、長期的に使用できる電子タバコと言えます。VAPEの形状は、ペンシル型とボックス型があります。見た目が真っ直ぐになっているタイプがペンシル型、バッテリー部分が箱のようになっているのがボックス型です。
電子タバコのデザイン以外に違いは無く、ボックス型の方が電池容量は多いと言う特徴があります。

主なVAPEの構成について

アトマイザーの種類ですが、アトマイザーはVAPE先端に付いている部分で、VAPEの煙量や味と言うのはアトマイザーで決まります。アトマイザーは2種類に分類ができ、タンク式アトマイザー(コイルユニット式)とリビルダブルアトマイザー(手巻き式)に分けられます。

VAPEは、タンク式アトマイザーであると言う認識が基本的に強いですよね。蒸気発生のコイルユニットを取り付け、リキッド補充するだけで使用ができます。なので、特に電子タバコに必要な知識がなくても使用でき、初心者から中級者向けアトマイザーです。

そして、もう一つのアトマイザーがリビルダブルアトマイザーです。自分でコイル巻きしてセッティングするタイプになるので、ある程度アトマイザーに関する知識が必要で、上級者向けアトマイザーなので、電子タバコ初心者の方は、タンク式をお勧めします。

また、MODの種類ですが、MODと言うのはModificationの略語で、電子タバコのバッテリー部分を指しています。MODも2種類に分類でき、メカニカルMODとテクニカルMODに分けられます。テクニカルMODですが、メカニカルMODと言うのは制御基盤や安全装置などが付いておらず、アトマイザーのコイル抵抗値で蒸気量を調節します。
なので、電圧を自分で計算してコイルを選ぶ必要があり、中級者以上向けになります。しかし、近年人気なのはテクニカルMODで、テクニカルMODにはバッテリー部分に制御基盤や安全装置が付いており、電圧調整や温度管理が可能です。簡単に蒸気量調節できたり、事故防止の安全装置も付いたりするので、初心者の方にはテクニカルMODがお勧めです。

電子タバコデビューセット

電子タバコと似ている加熱式タバコとは?

電子タバコと似ている加熱式タバコとは?

加熱式タバコの特徴について

加熱式タバコと言うのは、タバコ葉を使用したタバコです。タバコの葉を使用していると言聞くと、「紙巻きタバコと同じ?」と思う方もいますよね。
しかし、タバコとしての構造や特徴などは大きく違います。加熱式タバコは、名称がついている部分にタバコ葉を入れ、電気でタバコの葉の部分を加熱して発生させた煙を吸います。

また、大きな特徴の一つに、加熱して発生させた煙が少ないことが挙げられるので、従来の紙巻きタバコの様に黒い煙が発生せず、周囲の人や家族に健康被害を与えるリスクを少し減らすことができます。

しかし、加熱式タバコはタバコのタールは抑えらますがニコチンは含まれています。火が不要であることは紙巻きタバコと異なりますが、タバコの葉を使用するのでニコチンが加熱式タバコには含まれており、その点では従来の紙巻きタバコと同じとなっています。

加熱式タバコ販売メーカーの中には、有害物質を9割削減したと報告していることもあります。ですが、その一方でニコチン含有量にはあまり触れられておらず、有害物質削減できた加熱式タバコで「確実に禁煙できるか?」はまた別の話です。
タバコの有害物質発生抑止に着目され、その他に懸念されている事柄に関してあまり触れられていないことらか、「加熱式タバコは大丈夫!」と不明確なことを信じる利用者もおり、これは加熱式タバコに関する不正確情報が流れてしまう原因にもなっています。

高温加熱式と低温加熱式があることについて

加熱式タバコと言うのは、タバコを加熱する温度で2タイプに分類されます。先ず一つは、アイコス最大約350℃、グロー約240℃~、プルーム・エス約200℃、パルズ最大約345℃など、加熱温度が200℃を超える場合は高温加熱式になります。
そしてもう一つは、プルーム・テック約30℃、プルーム・テック・プラス約40℃など、低温加熱式です。
基本的に、高温加熱式タイプの方が喫味や二オイが強いと言う特徴があります。また、低温加熱式タイプの方は喫味が弱いですが、タバコの嫌なニオイが限りなく少ないメリットを持っています。

主な加熱式タバコの種類について

◆アイコス◆

電子タバコと似ている加熱式タバコとは?

アイコスは、紙巻きタバコから移行する際には、最も移行しやすいタバコです。喫味の強さでは最も強く、2019年に2本連続喫煙可能なアイコス3デュオも発売されています。
現在では、10本連続喫煙可能なアイコス3マルチ、従来機のアイコス2.4プラスと、合わせて3機種展開のラインナップとなっています。アイコスの喫味が強い理由に関しては、本体、或いは、ホルダーに内蔵されていた加熱ブレードに、専用ヒートスティックを刺して、タバコ葉を内部から直接的に加熱をするからです。加熱温度は約300〜350℃となっており、全機種の中でも最高なのですが、アイコス特有の匂いがキツいことが挙げられます。

◆グロー◆

グロー

ブリティッシュアメリカンタバコから販売されているグローは、本体、電子タバコの穴に専用ネオスティックを差し込んでタバコを加熱しています。
現在では、グローシリーズ2を筆頭に掲げ、4種のタバコのラインナップが展開されています。アイコスのようにタバコを吸っている感じを強く感じる事はありませんが、軽めのメンソールを好む方向きです。また、ネオスティックよりも太い専用スティックが採用されているグロー・ハイパーもあります。

◆プルーム・テック◆

プルーム・テック

プルーム・テックは、低温加熱式で蒸気発生後にタバコの歯に微細に刻まれた蒸気が入ることで、タバコのカプセルに通過させ、ニコチン入り蒸気を出します。
タバコのカプセル以外は、VAPEと同じ構造になっています。また、ニオイも少ないことが特徴です。隣で吸っても気にならないので、タバコのニオイ配慮も気にすること無く使用可能です。喫煙者にとってサポート的存在ですが、喫味はとても軽いくタール値が約1〜3mg程度と、軽いタバコを吸っている方向きです。

電子タバコと加熱式電子タバコの違いとは?

電子タバコと加熱式電子タバコの違いとは?

電子タバコと加熱式タバコは、それぞれに多くの違いがあります。
これら2つのタバコの違いで挙げられる第一には、タバコ使用時に加熱素材の違いがあると言う点です。
電子タバコと言うのは、前途でも説明しているように液状リキッドが使用されます。その一方で、加熱式タバコと言うのは、タバコ葉を使用しています。素材の違いをもう少し詳しくみれば、タバコに含まれる有害物質量の違いが挙げられます。

日本国内で電子タバコの販売許可が許されているのは、電子タバコ用リキッドにタールやニコチンなどが含まれない電子タバコです。
なので、煙を吸うと言う行為以外では、紙巻きタバコは全く成分が違います。喫煙者の方でこれから禁煙や減煙を行う方であれば、ニコチン入りリキッドであれば電子タバコに切り換えて禁煙や減煙にチャレンジすることもオススメのひとつです。

また、加熱式タバコに関しては、タバコの葉を使用していますので、タバコの葉を加熱させることで発生するタール量は大きく抑えられます。しかし、タバコの葉に含まれているニコチンは残り、これは加熱式タバコの大きな特徴です。
なので、電子タバコリキッドとは異なり、加熱式タバコに含まれるニコチン量には詳しい数量は明示されていません。その為喫煙者自身の健康被害に関する懸念材料にもなっています。

日本と海外の電子タバコ規制の違いとは?

日本と海外の電子タバコ規制の違いとは?

日本では、不特定多数に向けて受動喫煙被害を与えるとされている加熱式タバコには、利用規制が設けられています。
国の健康増進法改正において、一定基準を満たした分煙用喫煙席が設けられていれば、飲食中であっても加熱式タバコの利用が認められています。
この意図には、受動喫煙による被害を未然防止する対策が盛り込まれています。この法令で、加熱式タバコ規制は、行政処分や罰則対象にならないですが努力義務とされています。

またアメリカでは、加熱式タバコ販売許可と言うのはそもそも許可が下りていません。アメリカ食品医薬品局の諮問委員会では、紙巻きタバコに比べて加熱式タバコは健康被害リスクが小さいと言う結論には、根拠不十分であると判断しています。
それを踏まえた上で、紙巻タバコより健康被害が少ないと加熱式タバコの宣伝を行うことも禁止の助言がされています。
また、東南アジアであるタイでは、加熱式タバコを所持していたり、使用していたりすること自体が法律で禁じられています。なので、違反すると最高10年間の懲役刑、或いは、50万バーツの罰金刑があります。
さらに、シンガポールでも同様規制が行われており、違反者は最大6カ月の懲役に、或いは、16万3000シンガポールドルが課せられています。他にも、人気観光地の台湾では、加熱式タバコはもちろんですがVAPEも国内持ち込み禁止です。基本的にシンガポールは公共の場所やホテル客室では全面禁煙で、電子タバコも喫煙場所で吸うことができません。

電子タバコの禁煙の有効性とは?

電子タバコの禁煙の有効性とは?

電子タバコVAPEの主成分はプロピレングリコールで、水蒸気をよく発生させる植物性グリセリンや、フレーバーを付ける為の香料などが挙げられます。どれも安全性がとても高く、プロピレングリコールの加熱方法によっては、発がん性物質が発生すると研究結果が方向されていますが、5V以上の高電圧加熱した際に起こることで、一般的な電子タバコは3.5V前後の低電圧加熱なので、改造や故障状態などの状況でなければ心配不要です。

発がん性物質の発生が元より高いタバコと比較すると、電子タバコの健康被害は無いに等しいと言えます。

いきなり禁煙を目指すなど無理はせず、紙巻きタバコとの併用がお勧めです。紙巻きタバコや加熱式タバコを電子タバコに切り替えるだけで、無理なく喫煙本数を徐々に減らしていくことができます。喫煙習慣や口寂しさを我慢しなくて済み、特に生活スタイルを変えずに禁煙生活を送っていけることも電子タバコ併用での減煙のメリットです。

電子タバコデビューセット

電子タバコを使用するメリットとは?

電子タバコを使用するメリットとは?

タバコでの健康被害が極めて少ないこと

電子タバコの最大の魅力は、何と言ってもタバコの有害性物質が混入しておらず、健康被害が極めて少ないと言う点です。
電子タバコは加熱して発生する一酸化炭素やタールなどを抑えることができるので、タバコが原因で癌になると言われている、発がん性物質や依存性を最大限まで下げることができるタバコと言えます。
喫煙者の方で禁煙を行う際にタバコと電子タバコを併用して減煙していたり、電子タバコに切り替えて禁煙できたり、タバコの代用品として大きな効果を発揮するアイテムです。

リキッドフレーバーが選び放題で楽しい

紙巻きタバコの場合は、ある程度タバコのフレーバーは決まっています。また、加熱式タバコも型に合うヒートスティックでなければなりません。
ですが、電子タバコと言うのは、リキッドを変えるだけで日々色々とフレーバーを楽しむことができます。タバコに近い苦味のある味をはじめ、フルーツ系、スイーツ系ドリンク系など、色々な香りや味を楽しめるリキッドが数多く販売されています。

なので、色々な味を楽しめる点は電子タバコにしかない魅力の一つです。また、フレーバーを調合してオリジナルフレーバーで電子タバコを楽しむこともできます。

満足度が高い使用感があること

電子タバコは、タバコに近い喫煙体験ができることから禁煙に効果的です。確かに、タールが入っていないことでタバコとしても物足りなさは感じますが、タバコに近い煙量や重みがあるタイプもあり、想像以上にタバコの代用品の役割を果たしてくれるアイテムと言えます。

なので「タバコを吸いたい!」と思った時に、電子タバコをタバコの代わりに吸うことを繰り返していくことで減煙でき、少しずつ禁煙することができるようになります。

また、紙巻きタバコや加熱式タバコと比べて経済的でコスパが良く、年間を通しての金額を計算すると電子タバコの方が圧倒的に安上りです。
電子タバコと言うのは、途中で吸うことを止めることができます。なので、紙巻きタバコやアイコスなどの電子タバコと違って、一度火をつけたら吸い終わるまでやめることができないと言うことが無いのです。
このような日々の小さな積み重ねは、電子タバコをよりコストを抑えて楽しむことができる点になります。

まとめ

電子タバコと加熱式タバコの基礎知識と共に、電子タバコの良さについてお届けしてきましたが、いかがでしたか?
電子タバコのリキッドには、紙巻きタバコに含まれるタールや一酸化炭素といった有害物質は含まれていません。リキッドの成分についても、食品使用が認められているものなので、安全性が高く安心して利用ができます。

こうした紙巻きタバコに比べて有害物質が少ないメリットから、禁煙サポートとして電子タバコは多くの喫煙者に選ばれています。皆さんも是非、これから電子タバコをはじめてみませんか?

今なら会員登録で1000ポイントプレゼント

50%ポイントバック

 
この記事を書いた人
icon
Healthy Support USA

電子タバコ(VAPE)・ニコチン入りリキッド専門の個人輸入代行サイトです。私たちが直接訪問したMade in USAの信頼できるメーカーのみを扱っています。これからも安全・安心なリキッドをご紹介していきます。

電子タバコデビューセット